幸せな結婚の為に恋愛中に見極める事が大切です

 

結婚の見極め

 

最近の若い世代では、異性に興味があったとしてもどんな風に自分からアプローチしていいのかがわからなかったり、お付き合いをするという事がどんなことなのかイマイチぴんとこないといった人が多いようですね。

 

 

それでも恋愛漫画や恋愛映画の人気が衰えないということは恋愛自体に憧れを抱きますし、自分もあんな恋愛をしたいといった感情はちゃんとあるはずです。

 

ひょっとすると、恋愛のきっかけを見つける事が難しい、または見つけること自体が面倒くさいと感じている人が多いのかもしれません。

 

また、将来にわたって結婚しなくても良いと考える人の数も増えてきているようです。

 

そこには女性の社会進出によって、女性が男性に頼らなくても自分ひとりの経済力で人生設計を立てられるようになったり、終身雇用といった安全保障がなくなってきている現在、結婚するほど生活に余裕がないといった実態も隠されているようです。

 

それでも、好きになった相手同士一度恋愛がスタートすればその先には「結婚」というものが付きまとってきます。これは、当人たちが望む、望まないに関わらず切り離すことは出来ません。

 

よく「恋愛と結婚は別物」と言いますよね。

 

恋愛の延長線上に結婚があると感じている人も多いでしょうが、その考え方は少々危険です。なぜならば、恋愛と結婚には明らかに大きな違いがあるからです。

 

 

1.恋愛関係は個人プレーで責任要らず

 

恋愛関係にある二人。お互いのことをどんなに好きでも24時間365日一緒にいるわけではありませんよね。

 

お互いそれぞれに家族がいて、生活環境も違います。

 

そんな二人がお互いを知る時間というのは一日のうちでもせいぜいデートしている間の数時間。限られた時間が短ければ短いほど、お互いに素の姿を見せることはしないでしょう。

 

 

 

遠距離恋愛を例に挙げてみます。

 

遠距離でお互いに寂しい思いをしながらも、電話やインターネットなどで連絡を取り合っていた二人。彼女の誕生日に二人は会う約束をしました。彼氏の方は、仕事が忙しい中ようやくスケジュール調整をしてとった貴重な休みです。一方で彼女にとっては自分の誕生日ですから、彼氏に会えるのは半ば当然のような気持ちでいました。

 

 

 

そんな二人がデートをしている途中、彼氏の携帯に会社から急用でどうしても外せない仕事の電話がかかってきたとします。彼氏は仕事を優先したい気持ちがあり彼女にその事を伝えると、せっかくの誕生日デートなのに仕事を優先するなんて、と怒って喧嘩になってしまいました。

 

 

 

この場合、明らかに悪いのは彼女です。彼氏にとって彼女の誕生日は大切な一日に違いはありませんが、彼氏にとって仕事と言うのは自分の生活の為に切る事が出来ない存在です。

 

 

 

貴重な休みであっても、その後の仕事の影響を鑑みて検討した上で彼女に話をしたはずです。それなのに、彼女がそこで怒ってしまうというのは彼にとってはマイナスだけが残ってしまう結果になったと言うことです。彼女は自分の事だけを考えて怒り出してしまったのですから。

 

 

 

ここで彼女が取るべきだった行動は彼氏の仕事、彼氏の将来を考えて気持ち良く送り出すことでした。これが彼女ではなく、奥さんの立場であったならどうでしょうか。答えは明確です。奥さんならば家族の為に気持ち良く「いってらっしゃい」と旦那さんを職場へ送り出してあげるでしょう。なぜなら結婚とはチームプレイであって、旦那さんの責任は奥さんに直接降りかかってくるものだからです。

 

 

 

2.結婚相手を見極める為にはお互いの両親・家族を見ればわかります

 

それでは結婚相手にふさわしい相手とはどんな相手なのでしょう。

 

それを判断する為には、彼氏、彼女の家庭環境をしっかりと観察することです。

 

 

 

まず一番に把握しておかなければいけないのは、ご両親の関係です。ご両親の夫婦仲が上手くいっていない状態である場合、必ずその関係は子供に影響を与えます。

 

 

 

一番良いのはご両親仲が良く、兄弟の仲も良い家庭であることです。そして、女性が一番気にして見なければいけない事は彼氏のお父さんがお母さんに対してどのような態度を取っているかということです。

 

 

 

横柄な態度をとっていた場合、結婚後の彼氏はあなたにも同じように接する可能性があります。女性がへりくだって当たり前といった環境で育っていたのならば彼氏の中にもそのような考え方が根付いてしまっているからです。

 

 

 

反対に、男性が彼女のご両親とお会いした時に見ておかなければいけないのは、彼女のお母さんの、お父さんに対する態度です。

 

いい加減に軽くあしらっているようであれば、結婚後の彼女もおそらくそのような態度をあなたに向けて出してくるはずです。

 

 

 

潜在的に「そのように扱っても大丈夫」と思ってしまった相手に対しては態度を変える事はなかなか難しいのです。

 

 

 

また、ご両親だけでなく彼氏や彼女がそれぞれのご両親に対してどんな態度をとっているかもしっかりと見極めておきましょう。ご両親を敬って大切に扱っている様子を感じ取る事が出来れば、結婚後自分の両親に対しても同じように敬い尊敬した態度となって現れます。

 

 

 

そうでない場合、結婚したとたんにこれまでとがらりと態度が変わってしまうなんていうことにもなりかねません。結婚してから気付くのでは遅すぎますので、しっかりと見極める目を持つ事が大切です。

 

 

 

恋は盲目と言いますが、盲目のまま結婚に突入してはその先に破綻あるのみです。

 

結婚することで、恋愛中よりももっと良い関係を築く事ができる様に、この人と結婚して良かったなとお互いに思えるように恋愛中にしっかりと相手の現実の部分を見極める事が大切です。